お知らせ

気になるニュース 〜<学力テスト>学校別の正答率公表を実質義務化 大阪市教委〜

大阪市教委は8日、教育委員会会議を開き、市立小中学校で4月に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)について、小規模校を除く全校の校長が学校別の平均正答率を原則公表するよう、内規を改定した。文部科学省の実施要領では、校長に公表・非公表の判断を委ねてきたが、市の新しい内規に従わない場合、市教委は処分を検討するといい、校長は結果公表を実質的に義務化されることになる。

 これまで市教委の学校管理規則は学テ結果の公表内容について「結果から明らかになった現状」とあいまいな表現をしていたが、今回の見直しで「学校における平均正答率及び平均値を含む結果を公表する」と明記した。その上で、市教委が認めた場合は公表しないことができるとした。


記事全文を読む


個人の学力とは直接関係なくても、
自分の府県のランキングって気になってしまいますよね。
結果の公表が必ずしも改善につながるとは限りませんが、
次の結果に期待します。

更新日時:2013年10月08日